FC2ブログ

記事一覧

トレイルを歩く準備や気を付けてほしいこと

ハワイ火山国立公園には、歩いて観光できるトレイルがたくさんあります。30分~5時間など、希望や余裕時間に応じたトレイルを選んで歩くことができます。歩くペースでは、火山地形や溶岩、それらが変化する様子をゆっくり観察できて、興味深いものです。トレイルの紹介に先立って、トレイルを歩く時に準備する持ち物や気を付けてほしいことをご紹介します。日本で日帰りハイキングするのとだいたい同じです。トレイルを歩く時に持...

続きを読む

ハワイ島にはキラウエア火山以外にも活火山があるの?

ハワイ島の活火山ハワイ島には、キラウエア、マウナロア、フアラライ、マウナケア、ロイヒの5座の活火山があります。その概要を簡単に紹介しますね。今最も活発に噴火をしているキラウエア火山キラウエア火山は、1983年以来、東リフトゾーンンのプウオオ火口や他の小火口からほぼ連続的に溶岩を流しています。2008年には、キラウエア火山山頂のハレマウマウクレーター内に新しい噴火口ができました。その噴火口溶けた溶岩がたまっ...

続きを読む

ハワイのキラウエア火山を安全に観光するために気を付けてほしいこと

とろとろ溶岩を見に行く方に注意してほしいこと~持ち物編・水2~3リットル持って行ってください 国立公園側からは片道2.5~3時間歩きますよ。・ソールのしっかりした丈夫な運動靴をはきましょう 溶岩はガラス質。滑って転ばないように。溶岩の割れ目に引っかかって破れたりしないように。・長ズボンをはきましょう 短パンだと、転倒したり溶岩の割れ目に落ちると血まみれになりますよ。・雨具も必要 天気は変わりやすいです...

続きを読む

キラウエア火山を観光するにはホテルはどこがおすすめ?

日々変わるハレマウマウ火口の溶岩湖やプゥオォからの溶岩流、興味深い溶岩地形など、一週間の休みでも足りないくらい魅力的なキラウエア火山。ホテルはどこに泊まるのが良いでしょうか?カルデラ縁に建つボルケーノ・ハウス(Volcano House)がイチオシ!ボルケーノ・クレータービューというカテゴリーのお部屋からは、ハレマウマウクレーターが見えるそうです。ですが、お値段が困ったもので、383.30 USDキラウエアカルデラに面...

続きを読む

ハレマウマウクレーターで赤い溶岩を見られる?

ハレマウマウクレーター(Halemaumau Crater)はキラウエアカルデラの南西端にある直径915mのクレータークレーターとは、大きな火口のことです。ハレマウマウは、「シダの家」という意味で、火山の女神ペレの家と言われています。ハレマウマウ火口ではどんな噴火をしているの?このクレーターは、2008年3月20日に活動を再開しました。この時、Overlook Ventと呼ばれる小火口ができました。それ以降、地下のマグマだまりから溶岩が...

続きを読む

キラウエアイキトレイルを歩こう

キラウエアイキトレイルを歩こうキラウエアイキクレーターをじっくり観察してみましょう。ここは1959年の噴火時に溶岩湖となっていました。内部に熱は残っているようですが、溶岩はもう固まっています。歩行距離:6.4km(4mile)歩行時間の目安:2〜3時間標高:1180m(3874 feet)標高差:122m(400feet) 40階建ての建物に相当注意事項:・トレイルから外れない・崖(不安定です)や地面のクラックに近づかない・丈夫なウォー...

続きを読む

キラウエア火山巡検 クレーターリムドライブ4

キラウエア火山巡検キラウエアイキ展望台~サーストン・ラバ・チューブ火山や地学が好きな人は、火山や地学に関する見どころを見学(観光)して回ることを、巡検と言います。皆さんもプチ火山学者になって、キラウエア火山を巡検しましょう♪ビジターセンターを出て左に進むと、キラウエアカルデラの東側にあるキラウエアイキクレーターを見下すキラウエアイキ展望台に着きます。イキは「小さい」という意味、つまり小キラウエアで...

続きを読む

プロフィール

kilauea

Author:kilauea
地質が大好きで、最近は火山活動に興味を持っています。
今夢中になっているのが、世界で一番安全な噴火をしているというキラウエア火山。現在の噴火の様子、過去の噴火の様子を残す地形など、皆さんとシェアしたいと思います。

ランキング参加してます

応援よろしくお願いします‼

スポンサーリンク