記事一覧

キラウエア火山が新しい小島を造成?!

ハワイ島沖に新しい島が発見された2018年7月14日、ハワイ島沖に新しい島が発見された、と、米国地質調査所が USGS Volcanoes の facebook で紹介しています。キラウエア火山が、本島の沖合に直径6~9mの新しい溶岩島を作ったようです。とは言っても、溶岩をここまで吹っ飛ばした訳ではありませんよ。キラウエア火山ですから、当然ながら、溶岩トンネルを使って溶岩を運んでいるのでしょう。溶岩トンネルって何?溶岩+地形の名称...

続きを読む

キラウエア火山山頂部に新たな穴が!! 溶岩噴出する火口になるのか?

7月5日にキラウエア火山山頂付近の道路脇に直径5フィートの穴ができた、と、ハワイ火山国立公園(Hawai'i Volcanoes National Park)が facebook で紹介しています。1フィートは約30センチなので、直径1.5mの穴です。写真では、くぼみではなく、すとーんと垂直に空いた穴のように見えます。この下にあった土(というか過去の溶岩でしょうけど)は、いったいどこに行ってしまったのでしょうか?穴の位置は州道11号線沿いVolcan...

続きを読む

噴火初期の活動 続き

USGS-HVO の観測記録まとめの続き(5月9日~19日)です山頂では火口壁の崩落、爆発的噴煙が続く山頂では、時々ハレマウマウ火口壁が崩落し、それに伴い爆発的噴煙が上がります。地形が変わるほど、崩壊しているようです。地震も継続して起こっています。山体の収縮も続いています。活動は止まるか・・・?5月10日~11日頃、溶岩の噴出はおさまったようです。しかし、依然として割れ目から噴気は上がっており、溶岩はすぐ下に存在し...

続きを読む

噴火初期の活動

キラウエア火山の噴火について、米国地質調査所のハワイ火山観測所が調査した内容は、ホームページで公開されています。 米国地質調査所 U.S. Geological Survey : USGS と略します ハワイ火山観測所 Hawaiian Volcano Observatory : HVO と略します HVOの観察記録の日報(英語)へのリンク HVOの写真やビデオを使った観察記録(英語)へのリンク英語なんて読みたくない!という方のために、観測内容の概要を紹介します。写真は...

続きを読む

キラウエア火山で青い炎が出現 溶岩でメタンガスが発火?!

キラウエア火山はハワイ島南東部で割れ目噴火をしています。地面が割れ、その地割れから水蒸気が上がり出し、最終的には溶岩を噴き上げる、というような経緯をたどっています。5月28日時点で、22もの割れ目が観測されています。レイラニ エステーツという住宅地の東部やその西側の農場あたりから噴き出した溶岩は、南側に向けて海まで流れ下っています。赤い溶岩とは対照的な青い炎が出現そんな中、22日の深夜、道路の割れ目から青...

続きを読む

キラウエア火山の溶岩が海まで到達 化学反応して危険な塩酸雲が発生?!

キラウエア火山で溶岩が海に流入するオーシャンエントリー復活?米国地質調査所(USGS)によると、5月19日深夜、20番目にできた割れ目(Fissure20)から流れ出る溶岩が海に到達し、レイズと呼ばれる塩酸を含んだ有害な煙霧が発生しています。5月21日には、22番目にできた割れ目(Fissure22)からの溶岩も海に流入し、レイズを発生させています。プゥオォ火口から流れ出る溶岩のオーシャンエントリーは2017年11月に止まってしまいましたが...

続きを読む

噴火の危険がせまってハワイ火山国立公園から避難させられた1200人のうちの一人の経験談

2018年5月4日 お昼ごろにハワイ火山国立公園は閉鎖されました。危険がせまったので、観光客1200人を避難させ、従業員は帰宅したそうです。その前後に経験したこと、どうやって避難したかについて報告します。誰もいない溶岩原でM5.9の地震の恐怖!ハワイ島にはいたるところに過去の噴火による溶岩が広がっています。この日は朝からその一つを歩いていました。個人的に「スゴイ!」発見をして興奮していると、なんだか体がふらつ...

続きを読む

プロフィール

kilauea10

Author:kilauea10
地質が大好きで、最近は火山活動に興味を持っています。
今夢中になっているのが、世界で一番安全な噴火をしているというキラウエア火山。現在の噴火の様子、過去の噴火の様子を残す地形など、皆さんとシェアしたいと思います。

ランキング参加してます

応援よろしくお願いします‼

スポンサーリンク