記事一覧

キラウエア火山の溶岩が海まで到達 化学反応して危険な塩酸雲が発生?!

キラウエア火山で溶岩が海に流入するオーシャンエントリー復活?


米国地質調査所(USGS)によると、5月19日深夜、20番目にできた割れ目(Fissure20)から流れ出る溶岩が海に到達し、レイズと呼ばれる塩酸を含んだ有害な煙霧が発生しています。
5月21日には、22番目にできた割れ目(Fissure22)からの溶岩も海に流入し、レイズを発生させています。
プゥオォ火口から流れ出る溶岩のオーシャンエントリーは2017年11月に止まってしまいましたが、今回、火口を変えて、オーシャンエントリーが復活したのです。
キラウエアの溶岩が太平洋に流入 2018年5月

レイズって初めて見る単語だけど?


レイズ laze は lava haze の短縮語。Lava は溶岩。haze は濃い霧、煙霧という意味の英単語です。

レイズって何? 危ないの?


熱い溶岩によって太平洋の海水が蒸発し、水蒸気が立ち昇ります。化学反応により塩酸ガスが発生します。急冷された溶岩は細かな火山ガラスになります。これらを含んだ水蒸気雲が、レイズです。
有害な火山ガスというと、硫黄を含んだ亜硫酸ガスなどが思い浮かびますが、塩酸ですって。水に含まれていた水素と、塩に含まれていた塩素が熱で結合するのでしょうか。
塩酸って、セメントを溶かしますよ。もちろん人体にも有害。

危険地域は立ち入り禁止


水蒸気は風によって拡散するので、溶岩が海に流れ込んで蒸気が上がっているその場所から西へ20キロ以上も、酸性の水蒸気が広がっています。
米国地質調査所は、海岸に近づかないように警告しています。
沿岸警備隊は、周辺への立ち入りを禁止しています。

旅行しても大丈夫?


ハワイ島に行く予定だけど? JALのコナ直行便予約しちゃったけど・・・?
大丈夫です。ハワイ島は近畿地方くらい大きい島です。主な観光地、コナ、ヒロ、コハラ、マウナロアなどは、キラウエア火山から離れていて、噴火の影響はありません。
溶岩が流れてくることもないし、火山灰で困ることもないでしょう。塩酸を含む水蒸気も、これらの観光地には届いていません。
残念ながら、今はキラウエア火山の観光はできませんが、キラウエア火山以外の場所を楽しんでください。
海にはカラフルな熱帯魚やイルカがいますよ。リゾートでのんびりするのもいいし、サーフィン、ゴルフも楽しいですね。

写真はUSGSから拝借。5月21日に撮影されたFissure22からの溶岩流とレイズです。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント