記事一覧

ハレマウマウクレーターは2008年の活動開始以来 最大規模の噴火を記録!!

ハレマウマウクレーター内の溶岩湖キラウエア火山山頂の展望台からは、直径4kmのキラウエアカルデラ内にある直径914mのハレマウマウクレーターが見られます。ハレマウマウクレーター内には、オーバールック火口(オーバールックベント)と呼ばれる火口があって、溶けた溶岩がたまる溶岩湖になっています。溶岩湖の表面が見えることは滅多にありませんが、ココはキラウエア火山のメイン観光ポイントとなっています。溶岩湖の表面が...

続きを読む

2018年5月のキラウエア火山の噴火の経緯

噴火の前兆4月下旬頃から、火山性地震が増えました。噴火1日前、5月2日にハワイ島南東部のPunaで、道路に割れ目が見つかりました。マグマが上がって来て地表が膨張してできたクラックですが、この時、蒸気のような熱に伴う現象は起こっていませんでした。噴火の経緯5月3日、熱い水蒸気や青い噴煙が発生し、噴火が始まりました。午後5時前に溶岩の噴出が始まりました。直線状に割れ目ができて溶岩を噴出する割れ目噴火です。森の中...

続きを読む

2018年5月3日のキラウエア火山の噴火について

2018年5月3日のキラウエア火山の噴火はどこで起こったの?旅行する予定だけど危なくないの?道路が陥没し、割れ目を作り、これらの割れ目から約1200度の溶岩が噴出しました。森の木は焼け、道路は溶岩でおおわれ、民家も被害に遭いました。辺りの道路は閉鎖され、一般の人が立ち入ることはできなくなっています。場所は、 ハワイ島南東部のKapoho辺り、130号線沿いです(イーストリフトゾー下部)。火山国立公園からは離れていて、...

続きを読む

キラウエア火山ハレマウマウクレーターの溶岩湖表面が見えたよ

キラウエア火山山頂に溶岩湖が現れた?!2018年4月下旬は、キラウエア火山の溶岩は、ハレマウマウ火口に集まっていたようです。頂上あたりに設置された傾斜計は、膨張を計測していました。これは、集まってきた溶岩によって、地面が膨らんでいることを意味します。4月22日~26日には、溶岩湖表面がハレマウマウクレーター表面近くまで上がり、25、26日には溶岩がクレーターにあふれ、多い時はクレータ底の3分の2にまで流れ出てきま...

続きを読む

プロフィール

kilauea10

Author:kilauea10
地質が大好きで、最近は火山活動に興味を持っています。
今夢中になっているのが、世界で一番安全な噴火をしているというキラウエア火山。現在の噴火の様子、過去の噴火の様子を残す地形など、皆さんとシェアしたいと思います。

スポンサーリンク